avatar image

トイレの壁についているリモコン、電池切れていませんか?

久しぶりのお悩み相談コーナーです\(^o^)/


お電話によるお問合せで、年間を通して多い質問が

トイレの洗浄便座のノズルがひっこまないときがある
壁についているリモコンの「大」ボタンを押しても流れない!

など、壁にリモコンがついているタイプのトイレで、ボタンを押しても作動の利きが悪いということです。


洗浄便座を取り付けて、大体2年位たちますと、リモコンの乾電池が消耗して利きが悪くなってきます。


リモコンに乾電池なんて入ってたの!?(゚□゚ ) !!

と驚かれる方もいらっしゃいます。

リモコン。写真はTOTOのウォシュレットのものです。INAXでもパナソニックでも同じです。

01_201310211304391ca.jpg

リモコンを上にスライドさせるように持ち上げる。

02_20131021130443696.jpg

リモコンをひっくり返す。

03_20131021130444092.jpg

電池を交換する。

04.jpg

下にスライドさせながら取り付ける。終了です。


写真のリモコンでなくても、壁付のリモコンであればひっくり返すと電池スペースがあります。

ちなみに、リモコンの電池が作動しているかどうかは、携帯カメラを使ってもいいと思います。


リモコンのセンサー部をカメラレンズ越しで見る。

05.jpg

便ふた開閉ボタンなどを押してみると・・・


紫に光る。

06.jpg

紫の光は、リモコンから洗浄便座に指令する電波です。
なので紫色の光が弱かったり、なくなったりしたら電池の替え時だと考えても良いと思います。


TOTOのウォシュレットや、INAXのシャワートイレ、パナソニックのビューティートワレなどをご使用中の方はぜひおためしください。

話は変わりまして、ショールーム玄関のポーチュラカのお花がまだまだ元気に咲いています。

太陽の光を浴びると花を開くんですね~。放っておいても花を咲かしてくれるので助かります笑

07.jpg

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback